1. m3.com
  2. AIラボ
  3. 在宅がん療養に向けた新しいがん情報の発信「在宅がんウィット」とは?(1) ...

在宅がん療養に向けた新しいがん情報の発信「在宅がんウィット」とは?(1) ーー「未来の医療のデザイン」(13)

2023年3月14日(火)    m3.com AIラボ (西村邦裕)   

近年、がん患者の平均入院日数が短縮化され、通院治療へシフトしているというデータ(※1)がある。手術支援ロボットなどによる低侵襲の手術が可能となった結果、入院日数も減ったのだろうと想像できる。これはつまり、在宅でがん治療を行うケースが増えてきたことを示しており、「がんとの共生」がますます進んで来ていると言えよう。

果たしてがん患者が在宅で過ごすときに必要な情報とは何なのだろうか。インターネットで検索すると数多くの情報が出てくるが、その中で本当に信頼でき、役に立ち、活用できるものこそ、安心して治療を進めるに...