1. m3.com
  2. AIラボ
  3. 滲出性中耳炎を検出するティンパノメトリーAI

滲出性中耳炎を検出するティンパノメトリーAI

2022年6月22日(水)    m3.com AIラボ (The Medical AI Times)    転載元の記事

滲出性中耳炎(OME: Otitis Media with Effusion)は中耳腔内に細菌性の滲出液が貯留する疾患で、通称「Glue Ear」とも呼ばれ、小児における聴覚障害の原因ともなる。耳痛や発熱といった感染症状を認めない場合、診断の遅れをきたすことも少なくない。鼓膜に音圧を加えることで中耳腔内の液体貯留の検出を可能とする検査法「ティンパノメトリー」において、AIツールを適用することでOMEのより迅速で正確な診断を狙った研究を、英カーディフ・メトロポリタン大学のチームが進めている。

Scientific Reportsに発表された同研究では、ティンパノメトリー検査で加えられる音の周波数に0.25〜8.0kHzの広帯域を使用する「Wideband Absorbance Imm...