1. m3.com
  2. AIラボ
  3. 腸内細菌叢から「非アルコール性脂肪性肝疾患発症」を予測

腸内細菌叢から「非アルコール性脂肪性肝疾患発症」を予測

2022年6月14日(火)    m3.com AIラボ (The Medical AI Times)    転載元の記事

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、アルコール摂取を原因とせず、肝細胞へ脂肪細胞が蓄積する慢性肝疾患である。世界人口の最大25%が罹患しているとの試算もあり、発見されないまま肝障害・肝がん・肝不全に至るケースもあることから、先進国で最も一般的な肝疾患の1つとして警戒されている。ドイツの研究機関Leibniz-HKIのチームは「腸内細菌叢からNAFLD発症を予測する機械学習モデル」を開発している。

Science Translational Medicineから公表された同チームの研究では、追跡開始時点でNAFLDではなかった被験者を4年後に再検査し、NAFLDを発症していた90名と発症し...