ゲノム社会が「先制医療」を可能にする―西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(10)

2021年8月24日(火)    m3.com AIラボ (西村邦裕)   

未来の医療のデザインについて東北大学 東北メディカル・メガバンク機構の荻島創一教授(※1,※2)に語っていただく対談企画第二弾。前回は医療でゲノムを読むことが日常になってくる「ゲノム社会」について、様々なステークホルダーがまずグランドデザインおよび全体最適の話をし、その後、仕組みを実装していくべきだという荻島氏の考えを伺った。今回はさらに医療のデザインの未来を深掘りしていく。

荻島創一 教授 東北大学 高等研究機構 未来型医療創成センター 教授。東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 医療情報ICT部門 ゲノム医療情報学分野 教授。東京大学工学部卒業(2000年3月...