COVID-19肺炎をAIで解析、感度84%

2020年8月6日(木)    m3.com AIラボ (荒川友加理)   

米国のマウントサイナイ医科大学と同大学附属病院の研究グループは、AIを用いて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の画像と臨床データを分析した。研究グループは、症状、年齢、血液検査、キャリアとの接触などの患者情報と、胸部CT画像とを組み合わせ、COVID-19を迅速に検出する独自のアルゴリズムを開発。このAIモデルは、疾患の診断において経験豊富な放射線科医と同じくらい正確であり、CTで肺疾患の明確な兆候がなかったいくつかのケースではさらに優れていることがわかった。

『Nature Medicine』に掲載されたこの研究は、世界中の病院がウイルスを迅速に検出し、患者を隔離し、このパンデミックの状況下においてウイルス拡散を防ぐのに役立つはずだという。