医療に情報技術が貢献できる3つの場―西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(2)

2020年4月24日(金)    m3.com AIラボ (西村邦裕)   

未来の医療のデザインとして、多量のデータを解析し、エビデンスに基づいて、個々人に合わせた精密医療(Precision Medicine)のイメージも湧く、ということで、前回(これからの医療のヒントが詰まったがん遺伝子パネル検査)はがん遺伝子パネル検査の紹介を行った。今回は、このがん遺伝子パネル検査にあたり、情報技術がどのような役割を果たしているのか、今後の果たす役割、特に臨床の医師の先生にどう役立つのか、について紹介する。

がん遺伝子パネル検査では、様々なところで情報技術が活躍できる場所は多くある。大きく3つ、 1. 検査結果を解釈する部分 2. 検査結果を患者さんに伝える部分 3. 検査結果を出す部分 に分けて、...