IoTで手指消毒遵守をアシスト 名古屋大学医学部附属病院でのケアコム「手指衛生モニタリングシステム」の活用

2019年8月9日(金)    m3.com AIラボ (森山和道)   

一般社団法人日本病院会と一般社団法人日本経営協会が主催する「国際モダンホスピタルショウ2019」が2019年7月17日から19日まで東京ビッグサイトにて行われた。株式会社ケアコムはブースでは「看護師の働き方を変えるソリューション」を出展。また、7月18日には、「名大病院が取組むスマートホスピタル構想−IoTによる手指衛生可視化−」と題して、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター 特任助教の大山慎太郎氏が講演し、名古屋大学医学部附属病院での、ケアコムによるIoTで手指消毒の遵守をアシストする「手指衛生モニタリングシステム」の活用を紹介した。講演をレポートする。

名古屋大学医学部では先進技術や情報通信技術で効率的で安心・安全な医療を提供し、地域・家庭とつながるあたらしい医療として、「スマートホスピタル構想」を掲げて、病院内の効率化を行ったり安全や安心な医...