精神疾患、症状の定量化をAIでー慶應義塾大学医学部専任講師の岸本泰士郎氏講演レポート

2019年6月27日(木) m3.com AIラボ (鴻知佳子)

東京大学未来ビジョン研究センター、慶應義塾大学メディカルAIセンター、エムスリー株式会社m3.com編集部が2019年6月15日に開催した医療×AIセミナーシリーズ第6回シンポジム「医療AIの臨床への実装とトラスト」に慶應義塾大学医学部専任講師の岸本泰士郎氏が登壇し、「精神科におけるAI活用の取り組み」と題して講演した。症状の定量的な評価が難しい精神疾患の領域での人工知能(AI)の可能性や、新しい技術を使う際のルール作りなどについて話した。

うつ病や認知症などの精神疾患は、人類にとっての代表的な疾病負荷となっている。高齢化が進む現在では認知症の方が462万人と見積もられており社会費用も甚大だ。